トヨタ C-HR 値引き

トヨタC-HRの値引きは現在「7万円」ほどが目標です。まだ正式な発売、記者発表の前なので値引きはかなり厳しい様子。

ターボ車、ハイブリッド車ともに値引き額に大きな違いは無いようです。

C-HRを値引き交渉以外の方法で安くする

C-HRは値引き交渉だけでは、総支払額を安くするのはかなり難しいのですが、記者発表後は納期がかなりかかることが予想されています。

そこで、すぐにC-HRの総支払額を安くできる方法を紹介したいと思います。

C-HR購入時の下取り車を買取業者に売る

自動車業界の人間には当たり前の話なのですが、ディーラーと買取業者では車の査定額に数十万円の違いが出ることがあります。うまくいけば「100万円」以上査定額に違いが付くケースもあります。

こちらのサイトにも、ディーラーより買取業者で下取り車が「100万円」以上高く売れた体験談がいくつか紹介されています。

かんたん車査定ガイド

C-HRを安く買うために、値引き交渉にばかり時間を使って、買取業者を使わないのは非常にもったいないと思います。

下取り車が高く売れることを口実に、家族からオプションの追加の了承を得る、なんてこともできるはずです。

C-HR購入時の下取り車を売るための買取業者の見つけ方

実は、買取業者なら必ず下取り車がディーラーよりも高く売れるわけではないことや、中には信頼できない買取業者も一部存在するので、買取業者の選定は重要です。

自宅周辺の買取業者を自分で調べるのもいいのですが、効率的に優良買取業者に限定して査定を申し込みできる、「一括無料査定」サイトを使うのがおすすめです。

何件も買取業者を訪れる時間の短縮、業者同士を競合させてさらに査定額のアップも狙えるので、私の親戚や友人が車を買い換える際にも「一括無料査定」は必ず利用するよう勧めています。

C-HR購入時に「一括無料査定」サイトで高額査定を引き出すコツ

「一括無料査定」サイトで申し込みをすると、複数の買取業者にまとめて査定依頼ができるのですが、実際に車を査定してもらう際は、同じ時間に全ての業者が同時に来るようにして、査定額を競わせるようにします。

その場でオークションのように、査定額を競ってもらうのが一番高額査定になりやすいです。

同じ時間に業者を集めることに気が引ける方もいるかもしれませんが、買取業者側はそのような状況に慣れているので気にしなくて大丈夫です。

逆に、業者ごとに違う時間に呼んでしまうと、何度も業者とのやり取りが発生して時間のムダになってしまうので、お互いにメリットがあると言えます。

以下に、C-HR購入時に利用するのがおすすめの「一括無料査定」サイトをまとめました。優良買取業者と提携していて、査定依頼できる業者数が多いサイトをピックアップしたので、C-HRの総支払額を安くするためにご活用ください。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

・45秒でかんたんに入力が完了
・情報を入力するとすぐに概算の査定額が画面で確認できるスピードが魅力
サービスを運営するのは東証一部上場企業「エイチーム」
・提携の車買取査定会社は「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟してる優良企業

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国の150社から厳選された最大10社に一括無料査定依頼
・サービス利用時の不明点はカスタマーセンターに相談可能
・サービス運営会社はネットサービス比較サイトを多数運営の「ウェブクルー」

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・「リクルート」が運営するサービス
・公式サイトには「車買取・車査定完全ガイド」「困った時の車買取・車査定Q&A」「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」など、
​事前に知りたい情報も充実

公式サイトはこちら

C-HRの値引き交渉のコツ

C-HRの値引き交渉、少ない時間で大きな値引きを引き出すためにはツボを抑えたやり方で進めたいところです。

C-HRの値引き交渉のおすすめの進め方を紹介したいと思います。

1.C-HRと競合になる車が無いかをチェック(C-HR以外には興味無い方は省略)

C-HRと比較されることが多い車種は、「ホンダ ヴェゼル」「マツダ CX-3」「マツダ CX-5」「トヨタ ハリアー」「スバル XV」「日産 ジューク」「日産 エクストレイル」だと思います。

上記はSUVに絞りましたが、走行性能の良い車まで比較対象を広げると「スバル レヴォーグ」なども含まれるでしょう。

これらの車種を比べるには実車を見に行く方法もありますが、まずはカタログをネットから取り寄せしてしまいましょう。

各メーカーの公式サイトでは、カタログを請求できるページがあります。カタログを請求する際に注意したいのは、「ディーラーから送付」ではなく、「メーカーから送付」を指定することです。

そうしないと、カタログをオーダーした時から、ディーラーからのセールスが始まってしまうので・・・

自動車メーカーのカタログを注文できるサイトのリンクをまとめておきます。

<a href="アドレス">リンク先</a>
<a href="アドレス">リンク先</a>
・・・・・

2.C-HRの値引き交渉は競合相手と同時進行で行う

いよいよ実際のC-HRの値引き交渉を始めます。やはりここは競合相手も含めて同時に値引き交渉と実車の確認のスタートをしておきたいところです。

C-HRの値引き交渉での競合相手は「1」で他に気に入った車種が見つかっていれば、その車でもよいのですが、C-HRの値引きを最大限に引き出すために一番有効なのは、資本の違う『トヨタ同士でC-HR同士の競合』に持ち込むことです。

雑誌などでもよく紹介されている『同士競合』ですが、このようなメリットがあります。

─────────────────────────────
1.同じ車同士なのでディーラーは「値引き」しか勝負する材料が無くなる
2.トヨタ同士の方が他メーカー相手よりもディーラーが本気で値引きを提示してきやすい
3.同じC-HRでも値引きできないディーラーを見分けられる
4.値引きだけでなく今後長く付き合えるディーラーか比較できる
─────────────────────────────

「1」については、家電をヤマダ電機とヨドバシカメラで比較するときを考えればわかりやすいと思います。どこで買おうが物は同じとなってしまうので、どれだけ値引きできるかの勝負を勝手に始めてくれます。

「2」について、特にトヨタは他メーカーには基本的には「勝てる」と思っているので、例えばホンダでどれだけ値引きが出ても「うちはトヨタなので」と、多少値引きの出し惜しみをしてくる傾向にあります。

「3」は値引きを効率よく最大限まで引き出すために一番大事なポイントです。

ディーラーというのは結局、各地域の中小企業で資本が違えば経営方針も違うので、同じC-HRの値引きの上限にも各社で違いが出てきます。
ディーラーの本部の方針次第で、同じ車であっても値引きの上限額に「10万円」近く差が付くこともあります。

雑誌で見かけるようなものすごい値引き額は、基本的にはその地域で最も値引きの上限が緩いディーラーでないと絶対に無理だと考えてください。

C-HRの値引きを最大限に引き出すための交渉相手が、そもそも間違っている(絶対に雑誌みたいな値引きができないディーラー)ということがあるので、時間を無駄にしないためにも、資本の違うトヨタ同士の比較は絶対にした方がいいです。

資本の違うトヨタをどのように見分けるかですが、C-HRの場合は「トヨタ」「トヨペット」「カローラ」「ネッツ」の4種類のトヨタディーラー全てで販売されているので、この4種類のトヨタディーラーを比較すれば、資本違いのトヨタディーラーを比較できたことになります。

さらに「○○トヨタ」「○○トヨペット」「カローラ○○」「ネットトヨタ○○」の地域名にあたる部分が違うディーラーは資本も違うことになります。

例えば東京では、「トヨタ東京カローラ」と「トヨタ西東京カローラ」は同じ「カローラ店」だけど、資本違いの別会社になります。

「4」については、長く付き合えそうな信頼できるディーラー、セールスのところで購入したほうが後々のトラブルを考えると良いのではないかということです。

値引きの金額に大幅な違いがある場合は考えものですが、C-HRを長く乗っていこうと考えるならば、この先のメンテナンスなどで頼りになるセールスから購入したほうが、後々の満足度は高くなります。

購入後はディーラーとの付き合いはほとんど無いつもりでいても、思わぬ事故や故障などでディーラーを頼らなければいけない場面が来るかもしれません。

3.C-HRの値引き交渉と合わせて下取り車の価値を確認(下取り車がなければ省略)

C-HRの購入総額は値引きだけではなく、下取り車がある

© 2016 C-HR 値引き rss